ご訪問ありがとうございます。ベルックスの公式購入サイトはこちらです!


[ベルックス]VELUX正規代理店 - 機能性と美しさを内包するベルックスルーフウインドウ - 天窓.net
天窓、トップライト、ルーフウィンドウ、てんまどのことなら!

ベルックス VELUX 正規代理店のカスコです!
天窓.ネット
その他のサイト デッキ材フローリング

下に下にスクロールしていただくと「ベルックス通信」をご覧いただけます。
エコを考えた天窓の良さが少しでも伝わりますように。
星空を見ながら、風を感じながら、自然を感じながら生活をする、素朴ながら贅沢な天窓をベルックスがお届けします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問合せは下記にてお受けしております!】
天窓 ベルックスのことなら!

【お客様からいただいたご質問をお答え!ベルックス 天窓の最新カタログプレゼント

【「天窓」最新カタログ プレゼント!】
ベルックス 天窓の最新カタログプレゼント
VSタイプ 電動型(押し出し式開閉型) 天窓
ブラインド付 ブラインドなし
<電動機能を強化>
・網戸を標準装備
・雨天時に自動で窓を閉める吹き込みセンサー
押し出し式電動(リモコン)
VSタイプ 手動型(押し出し式開閉型)  天窓
・よりコストパフォーマンスに優れている
・比較的低い位置での使用
・網戸も標準装備
押し出し式
FSタイプ (フィックス型) 天窓
・日の差し込みにくい北側の採光に最適。
・良質のパイン材を使用
はめ込み式
FSタイプ (フィックス型) 天窓
・水切り
・非常用バッテリー
・屋根勾配にあわせたオプション
・VS 手動ブラインド
・スレート用 連窓水切り
・スレート用 連窓水切り
・操作キット

 


 



 

GGLタイプ 手動型(中軸回転式開閉型)  天窓
・雨天で窓を閉めたままでも、フィルター換気
・美しく耐久性に優れた外装板仕上げ
・180度回転サッシ採用で簡単お掃除
中軸回転式
 
GGU手動タイプ GGH電動・手動タイプ
手の届く位置で
景色と風を楽しむルーフウインドウシリーズ

GGH電動・手動タイプ
GGUタイプをベースにした
排煙専用天窓
無垢フローリング e-建材ショップ

・e-建材ショップでは無垢フローリングをメイ
ンに販売をさせていただいております。
バーチやオークのほか、床暖や直張りにも
ご使用いただけるウォールナットフローリン
グなどもございます!



 

 

 

 

2012年 03月22日

ベルックス通信 Vol.23

通信と言いますか。。。私達毎ですが。。



2010年度に引き続き、
2011年度にも中国・四国地方にて
天窓販売台数No1になることが出来ました。

天窓 愛好家の皆様、
エコに関心を持ってご注文下さったお客様、
別荘&リフォームでご自身で施工していただいたお客様方、
本当に本当にありがとうございます。

これからも是非、天窓のある暮らしを推進しつづけ
たいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年 08月30日

ベルックス通信 Vol.22

天窓通風で節電・省エネ
「通風による排熱効果を利用して夏場のエアコン使用を抑えましょう!」

通風のポイント
・風の入口と出口を作りましょう。このとき、窓を設けにくかったり、
すぐ近くに隣家がある場合、天窓は設置位置の自由度が高く、
通風排熱効果プラス自然光も同時に得られるので大きな効果が望めます。

・家族の長く滞在する居室について検討しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電が必須になった今年

メディアや講演会でも、天窓利用による排熱換気の効果が紹介されるようになってきました。
@ 「パッシブ住宅・建築シンポジウム 2011」 東京大学名誉教授 難波和彦氏の講演より
A ビオフォルム環境デザイン室
 ・NHK「住宅からエコを考える」相模原 ・藤野プロジェクトエコ長屋の取組紹介
 ・足立エコアパート(朝日新聞、産経新聞、建築ジャーナル他で紹介)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あたらしい街並みづくり

分譲住宅や、狭小地の住宅で、プライバシーの保護や日当たりのことを考えると、天窓はとても便利なアイテム!

日当たりの悪い場所でも明るさを確保できる。
・隣家に囲まれている、間口が狭くて開口部が取りにくい、そんな中でも自然光を取り入れられる!

・周囲の規線を気にすることなく自然光を取り込める。また、視線が空に向かって抜けることで、想像以上の開放感が生まれます!


家の中に風の通り道ができる
・窓と天窓の位置を工夫すると、家の中に空気の流れを作ることができます。暖かい空気は上にあがっていく、そんな自然の仕組みを利用して暑い空気も天窓から外に排出したり、天窓のもつ通風効果は快適な家づくりの大きな見方になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
節電にも役立つ昼光の利用

部屋の床面積の8%〜10%の大きさの天窓をつけることで、日中の照明を節約できます。
昼光利用  照明エネルギー  ↓2〜10% (自立循環型住宅より)

昼間に照明を使っている用途空間に昼光を入れると省エネ効果あり。

天窓は明るく部屋全体を均一に照らす
・昼間の照明エネルギーを削減
・全体が明るくコントラストを抑えた昼光を実現(屋外ではコントラストを感じないのと同じです。)

天窓なし               (照らしたいエリア)の10%    (部屋全体)の10%
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天窓は暑いのでは?という心配も、ベルックスの新しい遮熱ガラスが解決!

ベルックスの天窓の Low-E トリプルコーティングは、夏場の快適性を大きくサポートします。
従来の遮熱ガラス(60%)より日射侵入量を3割削減!
問題点となっていた 「暑さ」 を大きく軽減する技術がLow-E トリプルコーティングです。

究極のエコを実現 「自然の光と風を暮らしにとり入れる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天窓から熱気を抜くと涼しく過ごせます!

天窓のある場合
建物の上下階の温度差によって発生する上昇気流により、
温まった空気を流し出す働きが通風量を4倍にしてくれます。

天窓から熱気が抜けていくのがわかります。

天窓のない場合

熱気がなかなか抜けません。

計算条件  使用ソフト:STREAM V8 ●初期室温:38℃  外気温:26℃ 屋外の風:無風状態


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年 08月04日

夏まっさかりですね!

OUTLET天窓も、残り少なくなって来ました!

2010年4月以前に販売していた、旧タイプの天窓。
アウトレット品として特価にて提供をさせていただいております!

「少しでも安くお家を建てられたい!」 と言う方、是非、ご検討の一つとしてチェックしてみて下さい。

8月1日時点では、残り57窓とかなり数も少なくなっております。

OUTLETページへはこちらから。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年 03月15日

「東日本大震災」の影響による集荷・配達不能・遅延のお知らせ

お客様各位

3月11日の東日大震災で被災された皆様、また、震災の影響のある皆様 お見舞い申し上げます。

東北地方で発生した地震による影響のため、運送業者の集荷ターミナルの混雑や燃料不足、
納期未定などの状況により的確な出荷対応が出来ておりません。

弊社の対応と致しましては、運送業者による配送が出来ない状態ですので、本日の出荷も昨日に
引き続き停止させていただいております。

お客様にはご理解をいただけますようお願い致します。

なお明日の出荷に関しましては、運送業者の状況を調査し、出荷可能かどうかの判断をさせて
いただいて参ります。

連日ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、状況をご精察いただきご理解を賜りますよう重ねて
お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年 07月02日

ベルックス通信 Vol.21

知っていますか?天窓のちょっといい話

「明るい家」「「風通しのいい家」「眺めのいい家」「かっこいい家」・・

家族の夢を実現する家の一つのアイテムとしてのイメージの強い天窓ですが、
知らず知らずに得られる効果がたくさんあるのですよ!

健康と省エネにフォーカスした目からうろこの話を 、どうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽の恵み 子供の発育と、健康


光や風の量が、子供たちの脳に影響しています。
1999年にパシフィックガス& パワ ーと H.M.G が行った統計調査で、以下のことがわかりました。

@ 自然光のあふれる教室で勉強している生徒は、読解力が 26% 高まり、算数で 20% 計算が速まる。
A 通風のよい教室で勉強していると、 通風の乏しい教室の生徒より学習が 7% 速まる。



子供の創造力と好奇心は無∞
ミニ知識
子供がビタミン D 上足になると骨が曲がってしまいます。天窓 から太陽の恵みをたくさんもらえばそんな心配は無用!!

自然光がもたらす「心と身体」への効果
アルツハイマーの治療に必要な要素のひとつは自然光。その他、太陽光にあたることで、 皮膚ではビタミンDがつくられます。ビタミン Dは骨にカルシウムを運ぶ働きがあり、高齢者や子供たちの健全な暮らしと発育に役立ちます。

また、太陽光は体内時計のリズムを整え、脳内でセロトニンをつくります。

抗鬱剤の多くにはセロトニンを増やす働きの化学物質が含まれていますが、日光は自然の治癒力を持ち副作用がありません。

人間の体内時計はもともと 25時間に設定されています。 これを 24時間に調節するのに必要なのが太陽光です。 朝、光を目から浴びて夜のメラトニン分泌を促して夜ぐ っすり眠る。体内時計の乱れからくるストレスや上眠などの睡眠障害等の現代病を、天窓からの太陽光は正常な状態に戻します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Thats why VELUX

1.光の効果

天窓からの光は上から入るので部屋の内部までを明るく照らします。
天窓なら昼間のほとんどの時間帯で自然光だけで 過ごすことができます。
ブラインドを使えば明るさ調整も自由自在。 室内に自然の光がたくさん入るのは気持ちのいいこと。日々の暮らしを明るく豊かにしてくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2. 通風・換気の効果
天窓がつくことで、窓から天窓にぬける風の道ができます。階段や吹き抜けの天窓は、窓との高低差を利用して大きな 通気量を得られます。無風でも排熱を行えるのが天窓です。 風が抜け、熱がこもらない心地よい室内環境をつくります!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.眺めの効果
隣家が建てこんでいる都市部では、大きな開口部を望めない場合もすくないないため、外部への広がりを感じられる家 を実現するのは難しいものです。空に向って開く天窓なら、視線が空へと広がり心地よい開放感が広がります。雲や月の動き、季節の移ろいをな眺めながら暮らす。天窓は五感を刺激する素敵なツールです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4. 省エネ ECO 効果
地球温暖化の原因物質の 1つと される CO 2 。
その削減にも天窓は一役かっています。ベルックスの COOL - tec hガラスは 、夏涼しく、冬暖かい、安心のガラ スは地味ながら快適な家づくりに大きな力を発揮します。

冷暖房の効果も高くなり、エコな生活がぐぐっと近づく、究極のアイテム。
また 天窓の光は日中照明にたよりがちな室内の奥で届くため、照明の使用量を減らすことも可能です。

地球環境にも、お財布にもやさしい天窓はこれからの快適ライフの必需品です 。

 夏の夜間換気や、 蓄霊効果も有効です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5. プライバシー、防犯、スペース活用


都市部の狭小地では隣の家との窓が向き合っていたり、互いの視線や音が気になりますが、「窓なら」「隣を気にせず」「空への広がりを感じながら」「効果的な風の通り道」を作ることができます。

また、屋根につく天窓は上審者の侵入する心配も少なく防犯面でも安心です。
さらに、室内空間や壁面をを有効に使う意味でも天窓は効果的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6. デザインの効果

ベルックス天窓は国内外で数々のデザイン賞を受賞するなど、デザイ ン性の高さでも認められています。
自然光による光と影、そして天窓 のデザインが美しい空間を作り出します。
スポットライト のように
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7. 心と身体への効果

子どもの力を引き出す自然光の力。
学びの場でも学習力をアップさせる光溢れる環境作りに天窓が多く採用されてい ます。
ふりそそぐ陽ざしを朝浴びることで体内時計を正常に整え、子どもたちの発育に大切な生活リズムを健全に保ちます。

また、自然光は人体の健康にも大きく影響します。
骨にカルシウムを運ぶ役割を果たすビタミン Dは適度に自然光を浴びることによって合成 されます。

うつ病やパニック障害などの現代病の予防にも役立ちます。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おひさまと風が遊びにくる家
子どもとともに育つ家

おひさまを浴びると、しあわせな気持ちになるのはなぜ・・・
空を眺めていると心が落ち着くのはどうして・・・
胸いっぱいに空気を吸い込むと、元気がでてくるのは・・・

天窓が教えてくれるステキなこと、毎日が楽しくなることを
〜光と風のエコロジー&エコノミーな話


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろんな人のやってくる玄関の上に


家の顔が笑顔になる。窓がおひさまと風を連れてきた!
足元があかるいから、おばあちゃんも安全に階段を上り下り。
おひさまの光が、お客さまをキラキラお出迎え。

光と風がスーッと抜ける いつも新しい顔でごあいさつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなの部屋リビングに


天窓で大きな空とつながる部屋。 手足をグーっと伸ばして、深呼吸したくなる開放感です。眺め がよくてキモチがいい場所。だから 、みんなが集まる部屋になりました 。 ぼくもママもパパもこの部屋が大好き、家族 が 、つながる部屋。


部屋の奥まで届くおひさまの光 で光熱費が節約できちゃう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キッチン・ダイニングに


ママのともだちも遊びに来る明るいキッチン、ダイニング。
お手伝いも楽しい 。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
洗面所に


朝がきたら、まずおひさまにおはよう!
ポカポカひなたの洗面所は冬でもあったか湿気を抜いて衛生的な水周りができてママは大よろこび!

VELUX のCOOL - tech ガラスは究極のエコガラス
「業界初の low - E トルプル コーティング」で「暑くない」「空がキレイ」「冬の結露を軽減」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

 

2010年 04月 19日

ベルックス通信 Vol.20

住宅エコポイント リフォーム対象製品のご案内

住宅における「省エネ」の促進に期待が大きい住宅エコポイント制度。
平成22年4月19日よりエコリフォームの対象となるベルックス製品と内容についてご案内させていただきます。

「エコリフォーム」において、ベルックスの対象製品を出荷させていただいた場合には、弊社に性能証明書 (住宅エコポイント申請用)をご請求いただくことができます。リフォームに使用されたことを確認させていただき、日本ベルックスより性能証明書(住宅エコポイント申請用)を発行いたします。

【対象製品】
●スカイビュー シリーズ
VS電動タイプ/VS手動タイプ/FSフィックスタイプ

●ルーフウインドウシリーズ
GGL手動タイプ/GGU手動タイプ/GGHE電動タイプ

●スペアガラス ※1991年9月以前に発売した天窓用スペアガラスは現状登録されておりません。
VS・FS・GGL・GGU用スペアガラス

【性能証明書の発行】
1、性能証明書はリフォームでベルックス製品を使用された場合に限りご請求いただきますようお願い致します。
  確認させていただく書類として、工事証明書(住宅エコポイント申請用)をFAXまたはメールでお送りください。

2、性能証明書をご請求いただく際には、工事店様名・お客様邸名が必要となります。
   ご注文時から住宅エコポイントの申請まで時間があくことも想定されますので、製品のご注文時にも工事店
   様名・お客様邸名・リフォームである旨あらかじめ お知らせください。万が一出荷製品との照合が取れない
   場合には、性能証明書(住宅エコポイント申請用)を発行できない 場合もあります。


今後とも引き続き倍旧のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年 02月 23日

ベルックス通信 Vol.19

太陽光発電と天窓でもっとエコ

天窓効果のメリット

発電した電量の多くを売電に回せることができれば、より早く初期投資を回収できます。

【Step1】もっとエコ
北面での天窓利用:高い通風効果で夏季の冷房削減につながります。
階段・拭き抜けを通じて風を抜く(1階LDKの窓から北面天窓へ)

【Step2】もっともっとエコ
北面及び南面、両面での天窓利用:1階LDKの窓から北面または南面天窓へ向け、
あらゆる風向に対応して高い通風効果が得られます。


天窓による省エネ
夏場の冷房消費を削減するのに通風利用が効果的です。
風の抜ける方向に開けた天窓からは4倍の通気量を得られます。また、天窓からの
自然光は、曇りの日にも証明を必要としない昼光計画を実現します。


冷暖房費削減で売電量を増やす

高断熱高気密で全館冷房なら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2010年 02月 8日

ベルックス通信 Vol.18

2010年4月 スカイビューシリーズが生まれ変わります!
どう生まれ変わるかと言いますと大きく分けると次の4つになります!

1.気密性・水溶性がアップ!
2.遮熱性能がアップ!
3.保証期間が最長20年に!
4.白枠が新登場!

4月1日出荷分より新仕様での出荷予定となっておりますが、フィックスタイプは新仕様にて販売を開始しております!

尚、現在の仕様は在庫限りとなります。現在、VS電動型タイプの在庫もかなり少なくなっております。

それでは、新仕様のピックアップポイントをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point1】 取り付け方法を刷新
気密・水溶性が格段に向上します!

「デッキシール」により、天窓と野路板の隙間がなくなります。
気密・水密の施工性がより正確になることで、各性能もこれまで以上に向上します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point2】 Low-Eトリプルコーティングガラスを採用
遮熱性能が一段とアップ。省エネにも貢献します!

Low-Eトリプルコーティングガラスを日本で初めて標準採用することで、
遮熱除去率・可視透過率とも性能がアップします。

日射熱の進入をしっかり防ぎ、空調費を抑えながら証明に頼らない明るさも確保します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point3】 保証規格を大幅に延長
天窓初!シリコンシーリングの採用により、
       耐久性が大幅にアップします!

●ガラス面シーリングからの雨水浸入、および内部結露:20年」
●天窓本体2年→10年
●窓枠、およびサッシ間からの雨水浸入:10年
● ブラインド、および電装部品:2年→3年

へと保証期間を延長しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point4】 待望の「白枠」が登場
意匠のバリエーションが広がります!

ベルックスの代名詞だった「木枠」に加え、ご要望の多かった白の塗装枠が登場。
より多様な室内空間にマッチするようになります。

注:白枠タイプはVSE/VS/FSの101/304サイズ(網入り透明ガラス【3028】)のみ対応します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【Point5】 外装板を一体化
はめこみ式施工で、ビス留め不要となります!

従来4つのビスで留めていた外装板を一体化し、はめ込むだけで
施工できるように変更。

水切りも、全シリーズで共通化します。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point6】 デザイン・カラーを変更
よりスリムで、より美しい外観を実現します!

外観の各エッジ部分を、角形状からR形状に変更します。

屋根面からの立ち上がり寸法も現行より17mm低くし(VSタイプ)、よりスマートに。

カラーはどんな屋根材にもマッチするデニッシュグレーとし、
全シリーズで共通化します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point7】 ソーラーバッテリーブラインドに遮光タイプが登場
天窓がより「エコ」に近付きます!

ソーラーバッテリーブラインド(ロールタイプ、遮光タイプ)が、VS手動・FSで利用可能になります。
自然光の採り込みを、太陽の力でコントロールできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【Point8】 全ブラインドが取り付け出荷可能に
現場での取り付け手間が不要となります!

スカイビューシリーズでは、全ブラインドを天窓に取り付けて出荷することが可能に。
現場での作業負担が軽減され、作業コストも削除できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Point9】 リモコンが機能・デザインとも進化
壁・家具なども気にせず操作が可能になります!

リモコンと天窓の間に障害物があると操作できなかった従来の赤外線方式を、無線方式に変更。
家中どこにいても、天窓を最適な状態にコントロールできます。

 

 

 

 

 

 

 

商品の耐久性の追求と自信!
そして、お客様に愛され続ける天窓である為に、天窓ならではのベルックスの進化を続けます!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年 07月 30日

ベルックス通信 Vol.17

少し気が早いかもしれませんが、お盆期間期間中の出荷についてのご連絡をさせていただきます。

最終受付:8月10日(月)
※8月11日出荷分で配送が中1日以降のエリアは8月17日が最短納期となります。

8月11〜16日の間出荷をさせていただくことが出来ませんので、お盆明けくらいに納品のご予定の
お客様はお早めにご一報よろしくお願い致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4〜7月の人気天窓は!?

前回のベルックス通信で、「ブラインドをご注文いただくことが多くなりました」とご報告をしましたが、
そう言えば人気のある(!?)天窓ってなんだろう・・・ってふと思い、4〜7月までにご注文いただいた
天窓を集計してみました。


第1位:GGL3072V-304
天 窓:手動 中軸回転式
ガラス:透明合わせペアガラス
サイズ:304(780x980)


第2位:VSF-3074-325
天 窓:電動 開閉
ガラス:透明合わせペアガラス
サイズ:325(780x5500)

第3位:VSF-3074-304
天 窓:電動 開閉
ガラス:透明合わせペアガラス
サイズ:325(780x5500)


第4位:VSFD3028-606
天 窓:電動 開閉 シェスタブラインド付
ガラス:網入り透明合わせペアガラス
サイズ:325(780x5500)


第5位:VSFD35JF-302(シェスタ)

天 窓:電動 開閉 シェスタブラインド付 防火
ガラス:型板網入り透明合わせペアガラス
サイズ:325(780x5500)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年 07月 17日

ベルックス通信 Vol.16

こんにちは!梅雨明け目前ですが、体調など崩されておられませんか??

5月、6月と日差しが強くなるごとに、ベルックスをすでにご使用いただいておりましたお客様から
ブラインドのご注文をいただくことが多くなりました。

手の届く位置に取り付けていただくことの多いGGLタイプ(中軸回転タイプ)で、
もう10年近くご使用いただいている方や、ブラインドを付けられていない方もいらっしゃいました。

今年の夏も暑いです。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年 04月 08日

ベルックス通信 Vol.15

こんにちは、ベルックスです。ご無沙汰しております。

菜の花や桜の花がたくさん咲いていて「春」のここちよさを感じている今日この頃でいかがお過ごしでしょうか。

さて!この度ベルックスが「ALL About」掲載していただきました。お時間ございましたらご覧下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 08月 04日
ベルックス通信 Vol.14

こんにちは、ベルックスです。

住宅の多様化に伴って、天窓もどんな場所にでも使える対応力が求められるようになってきました。
というわけで、今回は、新しい天窓の使い方のご紹介をしてみたいと思います。

それから、もう一つ、今、ガソリン代の高騰、様々な原材料費の値上がりからの物価の高騰等で日本では庶民がどんどんくらしにくくなっている気がするのですが・・・

ベルックスのふるさとデンマークは「世界一幸 せな国」と言われている秘密を探ってみました。

Contentes
1.新しい使い方 陸屋根
2.知ってますか?ベルックスの防火窓
3.世界一幸せな国

デンマーク
(童話作家のアンデルセンは自叙伝で『ただ生きるだけの人生は物足りない。そこには太陽の花、自由、そして一輪の花 が必要だ。』と書いています。素敵な言葉だと思いませんか?デンマークの幸せの秘密調べてみましょう☆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天窓の新しい使い方 〜陸屋根〜

立地条件が悪く、今まで北東、北西面の部屋はほとんど、日照をあきらめていた部屋が・・・このフラットキットのおかげで部屋はまるで、南面に位置するように変身(ピカピカです)

※これは北面の部屋に、立ち上げ台を南向きに設置して施工した場合のシミュレーションです。(HPに新登場したVELUX Daylight Visualizer 2で作成した画像です)

 シンプルライフやデザイン性の高いくらしを望む人や、都会の限られた土地での住まいを考える人に、人気のあるキュービックスタイル(箱型)住宅。

屋上緑化や、仕切りを減らすことで、部屋に広がりを持たせたり、壁面を有効に使って、好きな絵をかけたり家具を置いたり、住む人の夢を形にしやすい反面、立地条件によっては、日照が十分にとれない心配が、今まではありました。

そんな心配を一気に解決するのが、ベルックスの新しい顔となった、陸屋根住宅にも取り付けられる、フラットキット!

コレを使って、天窓をつければ、部屋の奥まで光が差し込み、こもった熱も上から排出。

家の使いやすさはそのままに、くらしに明るさと快適さをプラスできます。 このような手順で屋根に天窓を設置すると!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北面なのに南側?

隣地境界線の迫っている土地におすすめ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知ってますか? ベルックスの防火窓

住宅の安全性が問われる中、木造住宅に対しての検査は年々厳しくなってきました。

ベルックスでは、VSタイプとFSタイプで外壁開口部として20分間の遮炎性能を有する防火設備の規定に適合した天窓をご用意しています。


窓としても使える
「VELUX」 防火設備認定品
をご用意しています。


防火設備対象商品 
VS電動・手動タイプ

(認定番号 EB-0331)
FSフィックスタイプ
(認定番号 EB-0210)

上記は、外壁開口部として20分間の遮炎性能を有する防火設備の規定に適合したものです。

天窓枠にパイン材を採用し、木のぬくもりとやさしさを発揮しながらも、高い防火性能を持つタイプです。
防火設備としてのコストパフォーマンスに優れています。 ?

※天窓(トップライト)としての防火設備の認定規格がないため、窓としての認定を取得しています。
※地域により適用判断が異なる場合がありますので、各地域の建築指導に従って下さい。
  (準防火地域における、耐火・準耐火建築物において、告示に対する運用、判断は各行政の建築主事の裁量で行われており、適合判断に対する根拠についての統一見解はありません。それらの建築物において、通常のベルックス製天窓(網入りガラス仕様)の使用が不可となる告示はありません。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界一幸せな国 デンマーク

 2006年イギリスのレスター大学が世界178カ国の平均寿命や経済状況、教育レベルなどに関する調査、いわゆる国民の幸福度調査を行った。

結果、第一位にランキングされたのがデンマーク。

医療や教育の制度、1人あたりのGDPが高い国の国民が「幸せ」を感じる傾向が強いという分析もなされているが、ちなみに、
2位がスイスで、
3位がオーストラリア、日本は90位(アメリカが23位)

幸福度というある意味、人の心を測ることはなかなか難しいことでしょうが「世界一幸せな国」に選ばれたデンマークはどんな国なんでしょう?


1.税金
(VAT25%、所得税合計50%) とにかく税金が高い。しかし・・・日本のように不満が起きないのは???

国民の政治に対する関心が高いこと。選挙の投票率も毎回90%くらいなのだから、自分たちに払った税金の行き先を国民がちゃんとチェックしている、ということでしょうか

2.休暇
職場では、まず1年の初めにその年の休暇の調整をします。夏休みやクリスマス、その他の休暇で5週間はきっちり休むそうです。
アクセクしたところが全然ないのに、一人当たりのGDPが日本と同じくらいあるのは、不思議ですね。

3.男女の格差がほとんどない
子供のデイケアセンター施設も整っている。3〜5歳の子供の95%がデイケアセンターを利用している。
男女が平等に働いているほか、オープンな国民性もあり給料格差もほとんどない。うらやましいですね!!

4.家族の時間を大事にする
仕事帰りにちょっと一杯より友達同士を誘い合って、ホームパーティーを開くパターンが多い。外食が高いからととても合理的。


5.子供の自立
成人は18歳。ほとんどの成人は家を出て自活する。パラサイトなんていう言葉は存在しない。大学進学率は日本のように高くないが、まず1年社会に出てやりたいことをちゃんと見定めてから、それに必要な教育を受けるというのが一般的。

6.社会保障
18歳までは歯の治療が無料だったり、学校の費用の負担が軽いなど、社会保障が非常に充実している。
社会的に弱い立場にある人(職を失った人等)も含め、国民が安心して暮らしていける環境が整っている。
だから税金も納得して払える。


老後の心配もないから貯蓄額も日本ほど高くない。
ひと言で言うと、 不幸だと感じるような「不安」要因がデンマークには少ないため!
と、ベルックスのイエスパー・サルツコフ氏は言ってました(笑)


確かに不安がなければ、心は豊かに楽しく幸せになれますよね。実にうらやましい!
ガソリン税や、後期高齢者医療制度に加え、いろんな原材料等の価格高騰と不安要素、不満要素増量中の日本とは大違い!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 07月 01日
ベルックス通信 Vol.13

こんにちは、ベルックスです。

今年の初めから、居室ごとの天窓使用例をご紹介してきましたが・・・天窓のイメージが膨らんできているでしょうか!皆様にご紹介したイメージを組み合わせて、家をつくってみました、今回はちょっとお遊び気分で楽しんでみてください。

Contents
階段室、吹抜
(基本に立ち返り・・・・天窓を一番使いやすいところかもしれないですね。家全体が明るく、風通しよく)

水廻りにも天窓を
(ホッとする時間や、家にいながらリゾートのようなくつろぎを、自然を身近に感じながら作る)  

VELUX CASE STUDIES

エコロジーの行方
洞爺湖サミットでどのような環境の話がなされるか、注目していましたが・・・2050年までに温室効果ガス の排出を半減するという目標が宣言されました。 洞爺湖で示された、冬の雪や氷や、水深35mからくみ上げる水の温度は年間を通じて5〜6度というのを利用した冷房システムなど、電力消費を年100トン削減するために投資した資金は5000万円。

これを、高いと思うかどうか?? エコロジーへの意識が高まった今、くらし方を見直す必要がありますね。自分たちで継続できる範囲で、自然と仲良く変えていく。ものの値段があがり大変な時代ですが、環境の ことを考えて、いいものを選択して次世代にも続く環境を守っていきたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
玄関を開けたら、風が流れている!
階段、吹抜


夏場でもこもった熱気は爽やかに換気
階段近くの天窓はちょっと した吹抜空間!
外からの光で足元まで明るく 元気に
  夏場には部屋にたまった暖気が上へ上へと押し出されて天窓から排出 されるので、屋根に開口があるのがベスト!

縦窓から空気を抜くのと比べて効率がかなり違ってきます。

換気と同時に光の方向性も劇的に感じられると家全体も感動的なもの になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワタシのゆとり時間

ホッとする自分時間

トイレで本を読んだり、歌を歌ったり、考え事をするのが好きです。
ここは誰にもジャマされない場所だから!! 窓辺に、花を飾ったり、アロマグッズを並べるのも。窓があるからこそ楽しめる。
忙しい日常からのつかの間の逃亡時間。外を眺めてリラックス!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が家のリゾート空間

光と風と取り入れたお風呂は自信作

休日の昼間は斜めに差し込む 日を浴びて、ゆっくり半身浴。

平日は星空を見ながら、一日を振り返る。ゆったりカラダを伸して、疲 れもスッキリ。

極上のリラクゼーションを毎日味わう贅沢。

お風呂場や水廻りにぴったりのGGUタイプの天窓

ポリウレタン樹脂で加工されている、GGUタイプの天窓は水にも強い優れもの。

型板網入りガラスを使えば、外からの視線も気にせず、光と風の声を聞くことができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 06月 03日
ベルックス通信 Vol.12

 こんにちは、ベルックスです。夏が近づいてきました。

天窓は、意外かもしれないですが、夏を涼しくすごすための、GOODアイテムなんですよ!
そんな、ご紹介をしながら、今回もお楽しみください。

Contents
風の流れる寝室
(快適な睡眠のために太陽光と照明の上手な使い分けの方法と、夏でも快適な風の流れの話を)

DAYLIGHT 自然光を最大限に利用する
(開放的なリビングと自然光が運ぶ健康)

快適省エネ住宅
夏は暑いのが普通、その中でいかに快適に過ごすか! これが大事のです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜風の流れる寝室〜

睡眠に深くかかわる光

就寝前、熟睡に必要な「くつろぎのあかり」と「ほのかなあかり」 →月明かりと間接照明で★

すっきり目覚めるためには「朝の漸増光」 →天窓から斜めに差し込む緩やかな光昼夜のメリハリをつけ、

乱れた睡眠、覚醒のリズムを整える「明るい太陽光」 →ブラインドを開けて目に入る明るい太陽光

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然の力で、風の流れをつくる



高い位置につく天窓は、建物内の上下の温度差を利用した自然換気ができます。

通風
外の気候が快適な春や秋、伝統的な日本の換気方法で、建物を開け放つと、穏やかな気流感がさわやかに感じられます。

排熱
暑い夏、室内に入り込んだ熱や、室内で発生した熱を部屋の一番高い位置から温度差を利用して排熱する。排熱してからのエアコン使用でエアコンの稼働時間を少なくできます。

夜間換気
夏の夜間、外気温が下がる時間帯に滞留小野換気を行う。防犯や雨の対策はあらかじめおこなったうえで、(天窓は防犯上、安心)風の状況を見て、窓をあけ、夜間の冷気導入によって「蓄冷」(冬の蓄熱と同じ原理)翌日の冷房効果を!パッシブデザインの手法
寝室を出た階段室にも天窓を!建物全体の換気を促します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢の続きを楽しむ寝室
星におやすみ、太陽におはよう 

天窓スペースの下に、格子の板をはり、間接的な光を楽しむ 先日、TBSの「世界ウルルン滞在記(森の幼稚園)」の回にやっていましたが、ドイツでは、健康のため、夜寝るとき、窓を開けて新鮮な空気を部屋に入れるそうですね。天窓による換気は、そういう時も有効ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人は人生の約1/3を寝ているんだって!
~ それなら、快適な睡眠環境をつくらないと☆ ~

見上げたら、空がある!

とっても、贅沢な気持ちになりませんか?

都会に住んでいても、空だけは平等にわたしたちの頭の上に、広がっています。 疲れていても、落ち込んでいても、 キラキラひかる星や、朝の太陽をみれば元気になれる。

毎日の元気チャージを、ベルックスと一緒にしましょ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DAYLIGHT 天窓で自然光を最大限に利用する
高い位置につければ、近隣の視線も気にしなくてすみます

開放的なリビングルーム

リビング、寝室など居室で使用される天窓の面積は床に対して10%程度が目安となります。家族が集まるリビングルームでは容積感を得るた天井を高く取ることや、屋外の眺望のよいことが求められます。階高を大きく取れ眺望も得やすい2Fリビング、吹抜けのあるリビングなど、天窓のライトアップ効果を加えることで、さらに開放的で広々とした空間となります。

自然光が運ぶ健康

「自然光」は子供たちの健やかな成長に不可欠なものです。教育においても、健全な心身の成長にも太陽光を浴びることは大切です。

「自然光のあふれる教室で勉強する子供は読解力が26%高まり、計算が20%速くなる」(Paciffic Gas and Electric Company調査)

他にも、自然光の不足は、放置するとうつ病やパニック生涯につながる可能性が強いとも言われています。また、ビタミンDは骨にカルシウムを運ぶ重要な役割を果たしますが、これも私たちが適度に太陽光をあびることによって体内に合成されます。

換気という面でも、現代病の慢性頭痛や鼻炎等が増加している背景には、換気の行き届かない住宅や湿度の高すぎる住宅の増加があると言われています。


天窓からたくさん自然光を取り込み家族の健康を守りましょう!


天窓のつくる光と影のコントラストでやわ
らかな雰囲気の部屋を作ることも可能

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
快適省エネ住宅  夏に快適な家

高断熱高気密の家が主流の現代、冬でも暖かい家になってきた一方で、暑い夏をいかに過ごすかが課題となっています。
今回は、天窓を使って涼しく!暑いと思われがちな天窓は、「涼しい」という話をしましょう

排熱と自然涼風の適時取入れで涼しく

天窓 + シーリングファン

天井付近にたまりがちな熱気は、天窓を開けると一気に外へ抜けていきます。「排熱」してから冷房を使えば、使用時間、頻度を減らすことができます。天井にシーリングファンをつければさらに効率的。適度な換気は湿気、カビ発生の予防にも、新鮮な風の通る家で1年を通じて快適に。 風が通れば体感温度も下がり、気温の変化以上の涼しさを感じることができるようになります。

ベルックス + クラウドナインの涼風システムのご紹介
この理論を形にしたものです!

「家のつくりは夏をむねとすべし」昔の家の機能を現代によみがえらせて、快適な暮らしを 「採光と排熱」「室内の空気の対流」「温度調整」を組み合わせた新しい「POLARIS」

@排熱 天窓とファンによって室内上部にたまった熱を排熱します。

A輻射熱 エアコンとファンをまわして室内の温度と共に天井部の冷却をします。

Bそよ風 エアコンをとめ、ファンだけをまわして室内の体感温度を下げ、涼風(そよ風)の状態にします。

C外気導入 外気温が室温より低場合いは、エアコンをつけずに、外気を取り入れます

この涼風システムで エアコンの稼働時間は6〜9月の実験で約300時間短縮。
CO2削減が約9% そよ風があれば室温は30℃でも快適・・・を実践すると、設定26度にしていた時に比べ電気代も50%の削減になります。

 

日本で消費されるエネルギーのうち2割が家庭で消費されています。

→ 便利なもの(冷房)に慣れすぎた私たちのカラダは悲鳴を上げていた!

・冷え性に悩む女性たち、冷やしすぎによる冷房病
・赤ちゃんの毛穴の数が減っている(汗をかくことも大事なのです)
・窓開けや換気をこまめにしない。季節を正しく感じられていない
              ↓

ベルックスでは 「チームマイナス6%」に参加した時のスローガン
「冷房は28℃、暖房時の室温は20℃に設定しよう」 を実践して、夏には多少のやせガマン(冷房の頻度を減らす)をしても快適にくらせるヒントを皆様に伝えていきたいと思います。

※もちろん、POLARISを使わずに、体感した感覚で天窓の開閉、エアコンのON,OFFを手動で行うのが一番です。
(こういうシステムもあるというご紹介だけ・・・)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 05月 02日
ベルックス通信 Vol.11 おいしいキッチン♪

こんにちは、ベルックスです。

緑の美しい季節になりました。空気がおいしい季節ですね。と、いうわけで・・・・・・・・
今回はキッチンでの天窓の使用例をご紹介しましょう。家の中でもおいしい生活を送って元気になりましょう。
ねっ!!

Contents
おいしいキッチン♪
(1日のうち、主婦がキッチンで過ごす時間は、案外長いもの、家を守る奥様が気持ちよく家事をできれば、家族に幸せは
伝染していくはず!)

DAYLIGHT自然光を最大限に利用する 
(天窓の意匠的効果 ☆)

おまけ エコの話
(健康エコ住宅と天窓)
チ ームマイナス6%にも 参加しました →
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おいしい食事をしよう!

調理も会話も楽しめるキッチン

今や、キッチンは家の主役といってもいいような場所。一日のうちここでママたちの過ごす時間も意外と長い。
家作りの際にこだわりたい場所ですね。 明るく、窓の外の景色を見渡せるキッチンなら、家族も、お客様も自然と集まり、
笑いがこぼれます。

おいしい料理と楽しい会話。ママが楽しそうなら、子供もうれしくなる。お手伝いだってしたくなる = 幸せ!!
幸せキッチンをベルックスで作りませんか?


▲ミニ知識
太陽の光の下では、食べ物が一番おいしそうに見えるそうです。
家族の健康を考えたらキッチンに天窓をつけるのはとってもいい考え!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなが集まるキッチン


お客様が来たって、ママもちゃんとお話に参加!
ミニ料理教室だってできちゃう!

  
光に誘われて、みんなが集まってくるキッチ
ン。今日のごはんは何かな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DAYLIGHT 天窓で自然光を最大限に利用する

意匠的な効果

天窓から入る天空光(拡散光)、その視覚的効果は曇りの日でも絶大です。

やわらかく包み込むような光は、建築物やインテリアの形を美しく浮かび上がらせてくれます。

また、プライバシーを優先するために窓に制約を受ける場合でも、天窓を高所に設置することで、近隣の視線を気にすることなく採光と、開放感を確保できます。

日が暮れても、天窓のある家は光の演出で目を楽しませます。


天窓からの眺めは、日々変化する絵画。
家にいながら、自然を感じられます。


階段上につけると、足元を明るく照らし、
上り下りも安全

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
康エコ住宅のために ベルックスのできること

『健康エコ住宅』の考え方は“自然と共生”すること。この自然と共生する住宅を考える場合、大きく分けて2つの視点が必要です。

1つ目は自然の力を借り家を造るという視点。2つ目が自然の威力に負けない家づくりという視点。

単なる暑さ寒さを耐えた住宅をだけを意味するものではないのです。 今回はそんな中での「ベルックス」と「天窓」のはたす役割を
考えてみようと思います。

「自然の力を借りる」家づくりというのは、太陽の光や熱を借りるエネルギー利用、風の力を借りるエネルギー利用、林の力を借り
る木材の利用、天の恵みを借りる雨水の利用、そしてバクテリアによる水質浄化や汚染・生ゴミなどの分解さらには植物による
室内空気の浄化などがあげられます。

ベルックス天窓は、原材料が北欧のパイン材、1本の木を切り出すごとに1本の気を植えるという森林管理を通じて持続可能な
木製品の供給を実現しています。金属の部品も有害物質を排除した、クロムフリーめっきの部品に変更リサイクルへの配慮を
徹底しています。 また、現代の高遮熱パネルの家に、天窓をつけると、自然の風の力を利用した通風と排熱で体感温度を下げたり、
夜間換気で涼しく過ごすことが可能になり夏場でも、冷房の利用を最小限に抑えることができます。

夏涼しい!

冬暖かい!

冬は、高遮断パネルと断熱ガラスで、太陽の暖かい日差しを取り込み逃さない。

「自然の威力に負けない」家づくりとは、地震や台風から家を守る住宅。

ベルックス天窓は、日本の風土や気候に合わせたものにするため、 縦40mx横18mx高さ6mの風洞実験施設で

最大風速:40m/s  最大水量:200mm/h

に耐える日本専用仕様の天窓を開発、改良を日々おこなっています。


健康エコ住宅づくりのお手伝いを!
環境に配慮した自然素材を使用し、厳しい日本の自然でも使えるベルックスの天窓で、太陽や風の力を借りながら、温度や湿度の変化に対応し住む人が健康に生活できる家づくりを目指せたらいいですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 03月 27日
ベルックス通信 Vol.10 光降注ぐリビングは家族の部屋

こんにちは、ベルックスです。

寒い冬が終わり、一気にあたたかくなりましたね。皆様のところでも、桜の花がきれいに咲いているのではないかと思います。

桜の花を皮切りに、新緑のキレイな季節がやってきますね。日本の春は本当にキレイだと思いませんか?

ベルックスも、桜に負けないように、光や風の中で得られる幸せ空間をリビングルームの例でご紹介したいと思います。

狭い土地でも、天窓を使えば、プライバシーを確保しながら、伸びや かで快適な空間が作れるのですよ!

Contents
光降注ぐリビングは家族の部屋

(家族みんなが、自然と集まる部屋をつくりませんか?同じ部屋で過ごせば、家族内のコミュニケーションもばっちり、プラス
電気代もお徳!のいいことづくめ)    

DAYLIGHT 自然光を最大限に利用する
(今回も、新しいテクニカルカタログからのご紹介)

 

エコワンポイントニュース!

知ってますか?

FSCマーク デンマークのベルックスの商品はFSCマーク付!(アメリカ制窓は、もうしばらくお待ちください) 世界各地で行われている無秩序な森林の伐採をくいとめ、森林を適正に管理して永久的に保持していくことを目的とするFSC。

認定を受けると完成した製品にFSCマークをつけることが可能になります。このFSC認証マークを取得していれば、どの山から切り出された木材がどのような商品になったかの道筋が、書類によってたどることが可能です。消費者も、このロゴマークのついたものを選ぶことで、世界の森林保全に貢献することになるのです。

チ ームマイナス6%にも 参加しました →

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
光の降注ぐ伸びやかな空間

家族の快適空間を作るのに、天窓はぴったり。

家の中心にリビングルームをつくり、 そこを回りながら、各部屋が広がる。

写真のように、スキップフロアを使 えば、狭い土地でも、広々とした空間を作ることができます。

つながった空間なので、家族はどこにいても 互いの様子を知ることができますし、通りに面している方角に大きな窓を取れない場合でも、上からのやさし い光が全体に広がり、みんながくつ ろげる雰囲気作りもおまかせです。

・季節や時刻によって様々な光が家の中に差し込みます。
 同じ1日の中でも光や風の様子はまったく違いますよ。

・防犯性や、プライバシーの問題もばっちり

リビング、寝室など居室で使用される天窓の面積は床に対して10%程度が目安となります。

家族が集まるリビングルームでは容 積間を得るために天井を高く取ることや、屋外への眺望がよいこ とも求められます。階高を大きく取れ眺望も得やすい2階リビング、 吹抜けのあるリビングなど、天窓のライトアップ効果を加えるこ とでさらに開放的で広々とした空間になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住宅密集地や狭小地でも光と風を呼び込む

都会の限られた土地では、外を歩く人や隣の家からの視線が気になり、窓が小さくなりがちです。


採光と通気の問題をクリアするのが天窓。防犯性やプライバシーにも考慮しながら、光を取り込む ことができます。

制限のある立地条件でも、気兼ねすることなく、大きな透明ガラスの天窓をつければ、開放感にあ ふれた明るい住まいを実現できます。


光だけでなく、家族の気配をどこにいても感じられる小さくても快適な家がつくれるはずです。 (右写真参照) さらに、天窓には、建物の上下の温度差によって 家じゅうに風を通す自然通気の効果もありますので、一人二役の大活躍で、快適さを演出します。

天窓からは、季節や時刻、天候によってさまざまな光が差し込みます。

同じ家にいながら毎日、ちがった、光と風の表情を感じることができます。

また、気密性能の優れた現代の家なら、冬は天窓からのあたたかな光で、夏は天窓を開けて換気を促すことで、冷暖房費の節約も可能になります。

どんな場所のどんな家にも、ベルックス天窓は、自然の力を分けてくれる 「光と風のパートナー」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家族室をつくりませんか?

リビングは、家族みんなの部屋
太陽に、家も家族も照らされるそんなリビングを作りましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リビングの吹き抜けに天窓を つけた。 みんなの笑い声が階段から 聞こえてくる!

 

?ミニ知識 吹き抜けスペースに天窓をつ けると、家全体の空気の流れ が確保されて、毎日快適に過 ごすことができます。

毎日くつろぐ場所は、一番好きな景色の見える場所に。 昼は庭を見て、夜は天窓から星空を見て。

我が家だけの特別の場所を作りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DAYLIGHT 天窓で自然光を最大限に利用する

@建物の奥を照らす効果  採光や眺望を確保するために窓は必要ですが、窓だけでは照度が部屋の一部に限定されます。

a

窓を大きくしすぎると、窓周辺の恩熱環境を悪化させる可能性も考慮しなければいけません。

建物のより奥に昼光を取り込める天窓は、明るさを均一にし(上(c) 画像)、家事から読書まで、室内作業の効率と快適性を拡大します。加えて高所からの採光は空間に広がりやゆとりを感じさせる効果があります。自然光の分布をコントロールするために、天窓と窓を組み合わせることをお薦めします。(b)+(c)

 

A採光効果のシュミレーション 室内の奥の部分や作業面の採光状況を確認するためには、昼光率を目安とします。昼光率とは屋外の天空照度と室内で作業をするテーブル面などの照度を比較した比率です。  昼光率=作業面の照度/全天空照度 「どれくらい昼光率が必要なのか?」 室内で自然光を実感するには、平均値として5%以上が目安です。2%以下になると室内が薄暗く感じられ、昼間でも照明が必要になります。 VELUX DAYLIGHT VISUALIZERを利用すれば、天窓ほか開口部からの採光と昼光率が簡単にチェックできます。(HP参照)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 03月 12日
ベルックス通信 Vol.9 環境共生への取り組みの紹介

   こんにちは、ベルックスです!

前回、前々回とエコロジーについて、語ってしまったので・・・

皆様も、天窓のはたす省エネ効果などについては、ご理解いただけたと思いますので、

今回から数回にわたって、ベルックスを使ってエコを実践すると得られるPricelessな幸せについて、

居室別使用例をご紹介しながら見ていただこうと思います。

VELUXは子供と仲良し
(子供のためなら、少しでもよいものをなんでも試したいですよね。そんな気持ちをくすぐるベルックスの効果をどうぞご覧ください)

自然換気 
VENTILATION (前回に続き、新しいテクニカルカタログのご紹介)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供部屋に天窓をつけよう♪

天窓のもとで、 子供たちをのびのびと育てよう!
・性能の高い家なら、季節を問わず子供たちは快適に過ごすことができます。つまり、 高断熱高気密の家なら、冬は暖かく、夏涼 しく生活できるので、家の中の温度差を少 なくできるので、寒い、暑いという理由で の動きの制限がなくなるのです。

・日当たりがよく、自然の風が通る家が心地よいのは、大人も子供も同じ。家が好きになり、家での時間が大切なものになりま す。

・小さな家でも、空につながる天窓は開放的で豊かな広がりを感じることができます。


大好きな家で、大好きな家族と、小さなこ ろから心地よい環境で育つと、遊びもお手伝いも、何をするのにも一生懸命なよい子 が育つのでは・・・大事な人格形成期の子供たちにこそ、家族の愛と、快適な空間で 大事な時を刻ませてあげたいですね。

子供がビタミンD不足になると骨が曲がってしまいます。 天窓から太陽の恵みをたくさ んもらえば、そんな心配は無用になります。

自然光の亮や通風よさは、 子供の知能の発育にプラス の効果をもたらします。

VELUXは子供と仲良し

子供の想像力は無限大です。 小屋裏を子供部屋にしたら、 早速そこを秘密基地にしたみ たい。 太陽と星から何を学ぶのか楽しみです。

お友達にも うらやましがられるくらい、楽しい部屋。 毎日、子供の笑い声であふれています!

VENTILATION
自然換気で得る快適な室内環境

B日よけの効果的な使用

日よけ(ブラインド)は夏場の日射熱対策にとても効果的です。

ベルックスのブラインドなら通風を妨げずに、日よけをしながらの排熱、換気が可能なので、写真のような寝室にもぴったりです。

眠っている間にたまった、湿気やニオイを取り除き、新鮮な空気を取り込んで、毎日、お部屋を深呼吸。防カビ対策にも有効です!

◆ウンチク1
ブラインドを開けて!

人間の体内時計はもともと25時間に設定されています。

これを24時間に調整するのに必要なのが太陽光。

朝、光を目から浴びて、体内時計をリセットすると、夜はメラトニンが分泌され、ぐっすり眠れます。

体内時計の乱れからくるストレスや、不眠などの睡眠障害などの現代病を天窓からの太陽光は正常な状態に戻してくれます。

◆ウンチク2
遮光ブラインド


夜は、身体がちゃんと、夜と認識するように遮光ブラインド(シエスタブラインド)を閉めるのがお勧め。

ぐっすり眠って休息をとり、朝は太陽光を浴びて、日中の覚醒レベルを促すセロトニンの分泌を促しましょう!

起きているときはセロトニン、寝ているときはメラトニンという一日のリズムで、私たちの身心の活動は調整されています。

遮熱に効果的なオーニングブラインド

ガラスの外側に設置されるオーニングブラインドは熱をガラスの手前でカットします。

遮熱ガラス(標準装備)との併用で日射の除去率は87%になります。

熱をため込みたい冬場はブラインドを巻き上げていただければ、室内に光を取り込めます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008年 02月 06日
ベルックス通信 Vol.8 環境共生への取り組みの紹介

   こんにちは、ベルックスです!

前回お約束した、環境共生の話と、デンマークのエコロジーの紹介を行います。

毎日のように環境対策のニュースが飛び交う中、日本は、エコロジーに対する徹底が諸外国に比べ低いように思います。

見習えるところから、私たち自身の意識を高めていきましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

環境への取り組みの盛んなドイツでは、早くから「環境に視野をおいた、省エネルギー、健康、ローコストの住宅を団地規模で実現する」という住人が自ら定めた基本方針に従い、住宅地を形成している例が各地に見られます。

高断熱化、エコマテリアルの採用、冬は太陽の光と熱を利用し、夏は木や壁面、屋根面の植物で遮熱を計るなど・・・

環境対策、燃料にたよらない家作りを目指すこれからの時代、わたしたち日本人も、こうした取り組みに学ぶことがありそうですね。

環境にやさしいホテル Seehotel am Neuklostersee (写真)

無塗装のカラマツ材の外壁に植物をはわせ、周りの環境に溶け込む外観。

天窓を含めたすべてのサッシは木製、ペアガラス。

太陽からの光と熱を取り込みます。冬はここであたためられた空気であたたかく、夏は外壁の植物や、
周りの樹木で遮熱を図る工夫がされていますそれぞれの部屋の壁は粘土ブロック積みの上に、
しっくいの仕上げ。


※住宅版の環境共生は、南、南西、南東に開口を大きく取ることや、蓄熱効果のある温室を設けてパッシブソーラーの利用、その暖気を居室に導くことで省エネ化を図ったりしています。


天窓の自然光を使った部屋の様子


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エコロジー・パイオニア デンマーク

デンマーク各地にある「エコ村」では、シャワーのお湯などのエネルギー源はソーラー。こうして、現在では小さな島国であるにもかかわらず、エネルギー自給率は10%に達しています。

雨水の利用などで水の消費にいたっては、10年間で40%も減っているという報告も。デンマークにおいては、国民的な理解の中でエコロジーは理にかなったものとなり、ライフスタイルの基本になっているのです。

※エコ村
環境活動に熱心な人たちが、生活のさまざまな面で「持続可能」を支えている。家のリサイクル、雨水を保存して、シャワーから庭の水まき、洗濯、飲料水以外のものに使うなど、生活体験できる施設もあります。


自然の恵みを最大限に利用する天窓は、エコロジーを考えるとき、大きな効果を発揮し ます。涼風を効果的に屋内に導き入れるとともに、上部から自然光を補うのです。これにより日中に照明を使用する時間が減少。

冬季には暖かい日差しを取り込れパッシブソーラーの暖房効果を生みます。夏季には通風を効率的に行うことで、冷房の使用頻度を減らすことができます。

住宅の年間用途別 エネルギー消費の統計では、照明に5〜10%、給油、暖房に50〜60%、冷房に5〜10%の貢献。

住宅でのエネルギーの消費を抑えることは、CO2排出の抑制と地球温暖化防止に大きく貢献します。




デンマークはエネルギーの殆どを輸入に依存していたためエネルギーの自給率は2%(1972年)でした。

もともと環境問題に関心が有りましたが、オイルショックによる石油価格の高騰から、エネルギー、エコロジーに更に強い関心を持ち、次々と対策を打ち出して30年以上たった現在では立派なエコロジー立国になりました。

「核エネルギー?いらないよ」を合言葉に、ソーラーパネルや風力タービンといった自給可能なエネルギーへの支持にもつながった。デンマークの土地は原子力発電所による傷を負っていないし、振動する高圧パイロンもめったに目にしないかわりに、ゆったりと、大きな白い風力タービンが黄色い畑の中や田舎の景色に溶け込んでいる。 ソーラー・エネルギーも、一般家庭用において普通に見られるようになってきている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VENTILATION 自然換気で得る快適な室内環境

@天窓は換気効率4倍
住宅の窓は一般的に南面に多く設けられます。

夏に南風の頻度の高い地域では、南北の窓だけを開けた場合と、南面の窓と階段上の天窓を同時に開けた場合とを比較すると後者のほうが4倍の通気量を得られるといわれています。

つまり、天窓を利用すれば、4倍効率よく通気が得られるということです。


A煙突効果と排熱

建物の上下階の温度差によって発生する上昇気流を利用する通風が、煙突効果です。

高低差のある開口部からは、無風でも煙突効果によって空気の流れが起こり、下から上へと空気が抜けていきます。これは、排熱とも呼ばれ、天井付近にたまった熱気を排出することで、夏の暑さも効果的に軽減できます。

自然換気の検証
ベルックス名古屋営業所は、東西に面した急勾配の切妻屋根に多くの天窓がつけられています。これにより、自然換気を利用し、極力 エアコンの使用を控える実験を行いました。

体感できる空気の流れが起こることで、室内は湿度の高い日で2〜3℃、湿度の低い日で 5〜6℃、外気温より低くなることがわかりました。

一般的に、室温 26℃〜27℃、湿度40%〜60%が夏場の快適な室内環境と言われてい ます。名古屋の夏は外気温が40℃近い日も多くありますが、事務員は室温30℃までエアコンを使用せずに過ごすことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新製品の市場アンケートを行っております!

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

天窓のお問い合わせは天窓.netまで!

*****************************************************************************************

2008年 01月 28日
ベルックス通信 Vol.7 エコロジーを真剣に考える年です!


誰だって、環境に配慮した地球に優しい家に住みたいと思っているはず。

では、省エネと快適さを両立した住まいはどうやったらできるのでしょう?
その実現には最低2つの知識が必要になります。

「省エネ性能」に対する知識と、「家族の価値基準」に対する知識。

しかし、 エコロジー = 省エネ
省エネとだけ考えてしまうと、「節約」や「がまん」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、
継続的なことでないと、本当の意味での「エコ」にはなりません。

なので、幸せや、楽しさを感じられる「pricelessなエコ」をこれからは提案し、私たち企業も考えていかないと
いけないと思っ ています。

住宅展示会などでも、最近は「エコ」を売りにしている企業が増えてきました。

天窓も、ソーラーパネルも、断熱シートも・・・、どのメーカーにも共通した悩みは、実際に体感した人には、
その商品の性能のよさや、快適さは理解してもらえるのに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば、ベルックスを1つ取付けた方は
「夏でも風が通り抜けて、気ちがいい。家に帰ったら、ベルックスの部屋ばかりにいるよ。もっと、他の部屋にもつければよかった」

断熱シートを使わた方は、
「この間の冬は、こたつだけで十分あったかかった!」
というように新しいお客様へのアピールが難しい(涙)コスト面で初期投資を考えると長期的に省エネにつながるのがわかっても・・・

メーカーはもっと心に響く伝え方を考えないといけないようです。
天窓 ベルックス
天窓 ベルックス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベルックスの快適エコを商品別にお話します。

高断熱高気密の家にプラスして使おう!!

ベルックス デイライトチューブ 天窓    ベルックス デイライトチューブ 天窓


デイライトチューブは屋根裏を突き抜けて今まで暗かった空間に光を通し、昼間でも電気にたよりがちだった、場所にやさしい光を届けます。

◆ 昼も夜もベルックス☆
   デイライトチューブを使って

◆ 天窓プラスシーリングファンで夏も快適に!

◆ ソーラーバッテリーブラインド
ベルックス デイライトチューブ 天窓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天窓プラス シーリングファンで夏も快適に!ベルックス 天窓

前回お話した、省エネ住宅のアイデアを実践したケース。

ベルックスなら夏でもブラインドで日差しをカットしながら、

風を取り入れることが可能。
ファンをまわして換気をして

から、エアコンをつければ、エアコンの運転時間を大幅に

減らすことができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

業界初☆
ソーラーバッテリーブラインド

その名のとおりのソーラーバッテリーを使ったブラインド。
配線いらずのうえ、電気代もかからない、エコロジー&エコノミーな商品。

高いところにつけた天窓でも、らくらく、遮光! しかも、業界初!ベルックスだけで味わえる得した気分


ベルックスのエコロジーラインナップを並べてみましたが、いかがでしょう?

ベルックスのついた家で生活するだけで、「エコ」を実践したことになる。

それに気がついただけで、ちょっといいことをしている「pricelessな幸せ」を感じられる。


それぞれの家族の必要に応じて、リビングや、寝室、子供部屋に開閉タイプの天窓をつけて、風の通り抜ける家族の

集う場所をつくったり、暗くて、通るたびに、ブルーになっていた廊下やクローゼットを明るく照らして、太陽と風を感じ

ながらちょっといいこと!体感してみませんか?


環境先進国のドイツの環境共生住宅やエコロジーパイオニアのデンマークのお話はまた次回までに勉強して、皆様に

お届けしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天窓ウンチク 天窓の役割「自然換気」
〜毎日深呼吸・新鮮な空気で快適な暮らしを〜

「換気4倍」
1987年 東京大学で行われた「自然通風に関する実験的研究」

によれば、東京の夏季最多風向である南風、総2階の住宅を考え

た場合、南面の窓から北面の窓へ抜ける通風に対して南の窓と

階段上の天窓を開けた場合、抜ける風の量が4倍となります。こ

のとき、実際の温度は2〜5℃しか違いませんが、風を伴った体感

温度をあらわす新有効温度は最大で10℃違ってきます。無風状

態でも、円とつこうかで風が通るのが、天窓による温度差換気の

特徴です。


*****************************************************************************************

2007年 11月 30日
ベルックス通信 Vol.6 今年最後のベルックス通信です。

 先日の朝日新聞にも「低炭素社会へ」選択のときという記事がっていました。

載冬は暖かく、夏は涼しい、快適住宅で環境に配慮した住宅を作ることがこれからの私たちには求められていると

思います。そこで、来年も明るい日差しが差し込むよう空前の天窓ブームを期待して!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

省エネ住宅のために (環境配慮と快適なくらしの両立)

 地球温暖化が深刻になってきた昨今、見直されているのが昔、兼好法師が述べているような

「家の作りようは夏をむねとすべし」という風通しを念頭において建てられる住宅です。

しかし、昔のままでは隙間が多く気密性能が低いため、夏は涼しいものである反面冬は寒いという欠点もありました。

そこで最近は、夏・冬とも快適で健康な生活をおくれるように断熱・気密性能が強化された住宅が一般化しつつあり

ます。 が、これは「冬の暖かさ」「省エネ」には効果的であるのですが、「夏の暑さ対策」には熱がこもってしまうため、

冷房に頼らざろう得ないという状況を生んでいます。


 そこで改めてクローズアップされてきたのが、「通風と換気」の問題です。

高気密で隙間のない室内に汚染物質がこもり、人と建物に害を及ぼすのを防ぐ必要があるのです。

 換気をきちんと効率よく行うことは、排熱効果や、室内の空気が新鮮に保てるだけでなく、室内のゴミや湿気を排出し、

室内・外の結露の発生も防止できます。それが「人と家の健康を守る」ことになります。

「ロ・ハウス」ですね。(健康や環境に配慮したロハスと家のハウスをかけた言葉!


 冬にせっかく暖めた空気を換気により外部に放出することは、一見、矛盾しているように思えますが、要は、

「断熱・気密・防露・換気」は互いに非常に密接な関係なので、常にバランスを考えながら、計画的に実施しなければ

ならないということなのです。

省エネ住宅には、高断熱・高気密の機能と自然な風や明かりを取り入れつつ、室内環境を整えていくことが必要にな

ります。

 

 ベルックス天窓が、そうした省エネ住宅にとても有効なアイテムなのは、たとえば、家の中の明るさと開放感を高める

目的で、き抜け空間を玄関やリビングに作り、天窓をつけると。

・天井の圧迫感がなく伸び伸びとした開放感が味わえることで、狭い室内を広く感じさせる効果があります。
・室内の仕切りがなく風通しの面からも有効です。また、部屋の一部に熱がこもらないので、夏は涼しい。
・吹き抜けの開口部を設けることにより、日光をふんだんに取り入れた明るい空間が確保できます。

 さらに、これらの利点を活かすには、吹き抜けの窓や換気扇の位置・大きさを工夫する必要があります。気候のよい

時期には、 1階部分から取り入れた風を室内に循環させて、2階の天井に近い部分から屋外に排出させるという空気の

流れができるように、窓や換気扇を配置することも有効です。最後までお読み下さり、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


天窓からの排熱にファンをプラスすると、
より効果的に排気が可能になり、さらに
部屋中の空気を巡回させることも可能になります!

省エネ住宅をめざすには(朝日新聞より)

・断熱・機密を高める
・日射をうまく利用する
・風通しを良くする

夏は涼しく
  日差しやブラインド(窓の外がよりよい = オーニング すだれ)
  天窓を設ける。(ベルックスは遮光しながら換気可!)
  エアコンに頼らない

冬は暖かく
  すきまをふさぐ機密性・断熱材の工夫
  明かりをとる。(天窓から暖かい光を!)
  複層ガラスにする(ベルックスはすべて、遮熱・断熱強化ペアガラス)


豆情報
天窓 + シーリングファン + エアコン
を部屋に取り付けた温度センサーで操作して、
夏場の住宅を快適に過ごす涼風システムも開発されています。